唐 紙
-からかみ-
襖紙のほとんどが,パルプ紙に輪転機印刷となった今日,和紙に木版押しという伝統的技法の唐紙は,神社仏閣や茶室などの数寄屋建築を中心に,高級内装材として用いられている。

木版押しであるが,版画のようにバレンを使わず,直接手のひらで摺るため,版木の彫りが深く,仕上がりも味わい深いものとなる。
(株)唐長

〒606-8027
左京区修学院水川原町36-9
tel 721-4422 / fax 721-4430


本城紙芸
〒607-8145
山科区東野八反畑町40-2
tel 592-7810 / fax 502-2800
京都市伝統工芸連絡懇話会 official website | Copyright © kyoto-kougei.com All Right Reserved