金網細工
-かなあみざいく-
金網細工に使用する道具は,釘を打ちつけた台だけである。

その釘に合わせて針金を編んでゆく。
何度でも針金をねじることができ,枠の中で好みの編み目を出せるのが手編みの持ち味であり,張り替えがきくのも大きな長所である。

昔ながらの台所用品のほか,近年では料理の器や小道具などに用途が広がってきている。
辻和金網
〒604-0811
中京区堺町通夷川下る亀屋町175
tel 231-7368 / fax 231-7344

金網つじ
〒603-8425
北区紫竹下緑町61-4
tel 491-4663 / fax 491-8663

京都市伝統工芸連絡懇話会 official website | Copyright © kyoto-kougei.com All Right Reserved