かつら

かつら作りは一枚の金属板を叩いて成形し、役者の頭に合わせることから始まる。

ひとりひとりの頭の形が違うため、人の数だけ違う型ができる。植毛は、大半は人毛が使われている。生え際の1、2本の具合で全体の感じが変わり、最も神経を使うところである。

大きく映像用と舞台用に大別される。
(株)丸善
〒605-0811
東山区八坂通東山西入小松町二部570
tel 561-2961 / fax 561-2566
京都市伝統工芸連絡懇話会 official website | Copyright © kyoto-kougei.com All Right Reserved