かるた

百人一首や花かるたなどのかるた類が作られるようになったのは江戸時代からと言われている。

以来現在まで,そのほとんどが京都で生産され,全国に出荷されている。

かるたづくりで最も熟練を要するのは,一枚一枚刷毛で糊を塗り,生地の裏から表にへりを返して縁を作る裏貼作業である。
(株)大石天狗堂
〒612-8082
京都市伏見区両替町2丁目350-1
tel 603-8688 / fax 603-8677

(株)田村将軍堂
〒612-8373
伏見区毛利町117
tel 602-3025 / fax 602-3028

京都市伝統工芸連絡懇話会 official website | Copyright © kyoto-kougei.com All Right Reserved