嵯峨面
-さがめん-

江戸末期以降,厄除けや魔除けのお守りとして嵯峨の社寺で分け与えられたという嵯峨面。

時代の変遷の中でいつしか姿を消していったが,近年復活させた。

石膏で取ったひな型に和紙を張り重ね,下塗りした面に色絵具を何回も塗り重ね,彩色している。

藤原孚石
〒616-8427
右京区嵯峨二尊院門前善光寺山町6
tel / fax 861-3710

京都市伝統工芸連絡懇話会 official website | Copyright © kyoto-kougei.com All Right Reserved