京和傘
-きょうわがさ-

京都でつくられる和傘を特に地傘と呼ぶ。かつては,番傘,供傘などがつくられたが,現在では数少ない。

かわって朱大傘,さしかけなどの神事,仏事,茶事,店舗装飾を用途とする傘が製造されている。

地傘はロクロと骨のくり込み,紙貼り,頭包み,油びき,漆かけと一貫生産を特徴とする。

(株)日吉屋
〒602-0072
上京区寺之内通堀川東入百々町546
tel 441-6644 / fax 441-6645

京都市伝統工芸連絡懇話会 official website | Copyright © kyoto-kougei.com All Right Reserved