和蝋燭
-わろうそく-
江戸時代に現在の製法が確立されたとされる。

和紙にイグサの髄を巻いた芯に,ハゼの実から抽出したロウを素手で塗り込めていく独特の技法で,油煙の少ない純植物性の清らかな炎が,ゆらゆらとゆらぎ美しさを表現する。

全国の寺院はもとより,お茶事の夜話などで使用される数寄屋ろうそくもこの製法で作られる。
(有)中村ローソク
〒612-8413  
伏見区竹田三ツ杭町57-8
tel 641-9381 / fax 641-9388

丹治蓮生堂
〒600-8219
下京区七条通烏丸西入中居町114
tel 361-0937 / fax 361-0957

(有)杉原長三郎商店
〒602-8124
上京区黒門通下立売下る森中町594
tel 841-5115 / fax 822-3913
(資)わた悟商店
〒600-8223
下京区七条通西洞院西入大黒町239
tel 371-7690 / fax 671-8752
京都市伝統工芸連絡懇話会 official website | Copyright © kyoto-kougei.com All Right Reserved