能 面
-のうめん-
能舞台で使われる能面は約80種類ある。素材は檜で叩き鑿,各種の彫刻刀で打ち上げる。

表には胡粉を膠で溶いたものを塗り重ね,サンドペーパーで丹念に磨く。

目・眉・髪は墨で描き,唇は朱墨や紅で表情をつくってゆく。能面は「彫刻」と「絵画」の融合した工芸であり,裏の漆塗り,目・歯入れの金工,髪・髭の植毛等,各種の技法を必要とする工芸である。
岩井 彩
〒600-8170
下京区五条通烏丸西入上諏訪町294-1
tel / fax 351-3903

京都市伝統工芸連絡懇話会 official website | Copyright © kyoto-kougei.com All Right Reserved